「ありがとう」
最高の褒め言葉であり最高の感謝の気持ちのありがとう
本当に言う側、言われる側気持ちが良いですね。
sponsor  

行動や言動を褒めるときに使いたい言葉一覧

1,行動力があるね。

または実行力があるね。といった言葉

これが褒め言葉?と思うかもしれませんが、相手をきちんとみて評価している言葉になるので立派な褒め言葉になります。

これは割りと手軽に使える言葉ですが、使うタイミングとしては「何かを行っているとき」つまり、終わったことに対して「行動力があるね」と使うよりも、現在行っている作業や仕事の途中で「行動力があるね」と使う方が、相手にとって更なる頑張りに繋がってきます。

 

2,器用だね

大体の人は小さい頃に「器用」と言われて嬉しかったことがあると思います。それだけに器用と言われると親と同じことを言っている、言われたと嬉しくなるものです。

これは創意工夫をしている人にはもちろんのことフットワークなどの動きの軽い人にも「器用だね」と使えます。

これはそれだけテキパキ動けるのは自分でよく考えて工夫しているという点を器用でまとめたものになりますが、人よりもちょっとでも優れている人には「器用だね」と言えばだいたいの人は何かしらを自分で考えてやっているので、実際にはそれが褒める人にはわからなくても相手にとっては認めてもらえた。と影の工夫を褒められてるようで嬉しくなるものです。

 

3,努力しているね。

これは私の好きな言葉でもあります。努力しているねという言葉はその時だけ努力しているというだけではなくて、(いつも)努力しているねと取ることもできます。

「頑張ってるね」という言葉もありますが、頑張るのは当たり前。という場面が多くてそう思っている人には「頑張っているね」は褒め言葉ではなく、何を当たり前な…と思われたり、とらえようによっては頑張ってるねが他人事のような印象を受けてしまいます。

ですが、この努力しているねという言葉はその時のみならず、結果や成果がまだ出ていなくても、今現在を見てくれている。また今後にたいして明るい印象を持つことができるので、気持ちのよい言葉だと思います。

 

4,いい仕事してるね。

某テレビ番組で流行った言葉ですが、その番組の影響からかとてもよい印象のある言葉だと思います。これは途中経過で使ったとしても、そのまま「良いね」を更に強めた感じで「そのままでOK」という印象を受けます。

番組を知らなくても「いい仕事だね」と言われて意味がわからない人はいないと思います。

誰が聞いても褒め言葉と思えると同時に、とても良い評価なのだと伝わる言葉です。が、乱用してしまったら本当の意味での「いい仕事」というものの基準を著しく下げかねないので稀に使うからこそ効果のある言葉です。

 

5,よく気がつくね

ちょっとした修正や些細な気遣いなどこの言葉をかけてあげるだけでそれに対して喜び、満足を感じます。

そうなるとまた違った些細なことでも率先して手を出すようになってくれます。そしてまたこの言葉で褒めることで褒められる側は「気がついてもらえてる」という喜びと同時に、「よく見てくれている人だ」と褒める側に対する印象も良くなると思います。